Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

上越線の記録(その3)

色づく諏訪峡を115系がトコトコと走ります。

色づく諏訪峡と115系

撮影地:JR上越線/上牧〜水上

4年前に諏訪峡で撮影した1カット。この頃は高崎の115系が危ないとか107系がいなくなるとかそういった話はなく、当たり前のように走る列車を何の気なしに撮影することが出来ました。もちろん115系の種別幕も埋められる事なく。

今もまだ高崎の115系は走っていますが、なぜか種別幕が埋められてしまいました。種別幕が埋められてると言えば、北陸本線の475系などを思い出します。あちらの種別幕はかなりキレイに埋められていましたが、高崎のそれはゴム枠が残っていてなんとなく中途半端な気がしています。

なにか事情があって埋めているのでしょうが、写真映えしませんね。Twitterなどで最近の上越線の写真を目にする事が多くありますが、どれもこれも素晴らしい写真なのですが、種別幕が埋められているとなにか物足りない、寂しい気がしてしまいます。

あれこれ文句ばかり言っていますが、関東近郊では貴重な115系運用区間。こちら中央本線系統では撤退して久しいので羨ましい限り。

足が遠くなり、撮影する事は叶いそうにないですが、出来る限り長く走り続けてもらいたいものです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ