Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

晩秋の摺指俯瞰でE351系を撮る!

やり残していた事をなんとか無事に終えることが出来ました。

5006M

撮影地:JR中央本線/相模湖〜高尾

 この時の撮影の本来の狙いはこのE351系でした。4Mに間に合えばと思ったのですが、タッチの差で間に合わず、いつもの5006Mまで待機。その間に定期の5006Mや団臨の9432Mが通ったりと5006Mまで先の工9872レから1時間ほどありましたが、飽きずに撮影することが出来ました。

いよいよ5006Mがやってくるという時、前面のLCDが壊れているS21編成出ないことは下り5Mを見送った時に分かっていたので、一番残念な感じになることは避けられたのですが、問題はひらがな表示で来るのかロゴ表示になるのかという事でした。ロゴ表示もE351系だからこそ見れるものではあるのですが、色合い的にもひらがな表示が写真映えするかなと思っています。何はともあれここでは架線柱のビームとビームに間に前面を入れないといけません。最後のカーブを曲がったあたりでレリーズ開始。眼下を通過して行くのを見届け結果を見てみると・・ひらがな表示!久しぶりに1人撮影地でガッツポーズしてしまいました。

紅葉はピークを過ぎて見頃とはいえませんでしたが、この摺指俯瞰で紅葉にE351系を絡めて撮影できて満足です。来年にはこのシーンは見られないわけですから、合間縫って撮影に来てよかった・・

雪が降ったら雪景色も・・と思いますが、数年前の大雪の時クルマでも撮影地に近づけなかった事があるので撮影しようとは思っていません。それだけにこの紅葉は去年から撮りたいと思っていました。

来年はここでE353系を見頃の紅葉とともに撮影出来たらいいなと思います。E351系が見られなくなるのは寂しいですが、新型E353系にも期待しています。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ