Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

思い出のスーパーあずさ36号

思い出いっぱいのスーパーあずさ36号を思い出の地で撮る事が出来ました。

皆が待つホームへ

撮影地:JR中央本線/立川駅

 スーパーあずさ号に最初に乗ったのは八王子から1号で小淵沢まで。そのあとこの36号には2度ほど乗車しました。たった2回ではありますが、いずれも印象的でしたので乗車した事が今でも思い出として残っています。それだけに36号である事が分かる写真がどうしても撮りたくて、家からも近く且つ思い出の場所である立川で撮影してきました。来たのはS25+S5編成。前面LEDが破綻なく写ってくれてよかったです。

ここから少し思い出話を…

最初にこの36号に乗ったのは大糸線撮影の帰り、松本から新宿まででした。この時実はこの列車の前の84Mに乗るはずだったのですが、ケータイを大糸線の車内に忘れた!と(結果は勘違い)なって慌てていたら発車時間が過ぎてしまいました。しかも持っていたのはグリーン車指定席特急券…。ルール上後続の36Mの普通車自由席に乗る事は問題ないのですが、事情を36Mの車掌に話したところ、「この列車は空いてるからそのままグリーン乗ってていいよ」との事・・。ホントはダメかもしれませんが、この温情に感謝し乗り通りました。あの時一緒にいた友達に迷惑をかけた事、当日の36Mの車掌さんの優しさは今でも強く覚えています。

次の乗車は立川から新宿まで、4年前の今日です。この日今の妻との初デートでした。その帰り、奥さんは途中駅まででしたで当然乗車はなし。私も当時は小田急沿線住みで、町田以西に住んでいたので、立川からなら八王子に出て横浜線で町田というのが一般的ですが、ただ乗りたいというが勝り36Mに乗りました。あとでこの事を妻に聞いたら「変な人だ」と思ったそうです。ま、確かに変ですよね…。そしてこの3年後のこの日に入籍し、今日で1周年を迎えました。また先日1日には第一子を授かりました。ここまで事情で撮影に行けないと書いていたのはこれが理由でした。本格的な撮影には来年の今頃復帰出来たらと思っています。

こういった事を踏まえてこの36号には拘りがありました。それがなんとか写す事が出来て安堵しています。

今日も鉄道は人を乗せて走ります。様々な思いも一緒に。最後の日までこういった想いと一緒に無事に走り抜けてくれたらと思います。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ