Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

国分寺の鉄道風景(その3)

用事が済んで買い物に向かう途中チラッと寄ったら赤電が来ました!

夕暮れ時を行く赤電

撮影地:西武多摩湖線/一橋学園〜国分寺

 この撮影を終えてから用事を済ませ、今度は買い物を済ませる為に移動。目的のお店は通り過ぎてしまうのですが、この撮影地は1本道でそう遠くない場所にある為、赤電が動いてたらいいなと思ってTwitter覗いたら・・動いてて撮影したとのツイートが。これは行ったら撮れるかな?と思い日没も迫る時間の為、1本撮って帰ろうと決めて向かいました。

向かってすぐ来たのはと同じ白い新101系。うーんやっぱり巡り会えないか・・等と思いつつ次は何分後だろうと時刻表を見てみると10分後。前回は15分空いていたので大分待った感がありましたが、10分なら待とう!と思い構図を決めて待つことにしました。

日が落ちて露出も厳しくなり、泣いても笑ってもこれでおしまいだと思っていたら・・やって来たのは赤電!なんてツイてるんだと思いながらとにかくシャッターを切りました。手持ちではなくしっかり三脚構えてホントは撮りたいところですが、そこは合間撮影、そうはいきません。しかしに撮ってたE353系が霞むくらいの手応えを感じ、寄ってよかった・・と思いました。

西武線国分寺線に乗ったのが数回くらいで縁もゆかりもないのですが、この赤電には惹かれるものがあります。こういった塗装は近年見られなくなりました。嫌いではないですが、どこもかしこもステンレスの車両ばかりになりましたから、こういう凝った塗装をしている車両は貴重な存在だと思います。

しばらくしたらこの赤電は多摩川線に移動してしまうそうです。その前になんとか撮れてよかったです。

しかし車両も大事ですが、この場所の風景なんか好きです。ひとまず目標は達成できましたが、また行こうと思います。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ