Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

雪中を駆ける

雪の中走るE257系もなかなか頼もしいものです。

57M

撮影地:JR中央本線/藤野〜上野原

前回/前々回より続く雪の上野原シリーズ。今回はE351系189系に隠れて本数多いにもかかわらず、あまり注目されないE257系を挙げます。

この車両も近々踊り子に転用される等噂され、いつまで中央本線での活躍が見れるか分からなくなってきたのですが、全然注目されません。本数多く変わり映えしないからだとは思うのですが、こういう雪の中では映える車両ではないかなと前々から思っていました。

今回の撮影ではD3とDfの2台構えて撮影しました。同じ下りで横構図ですが、構図を変えて撮影していました。最初の5Mからこの57Mまでが降雪のピークで、前面の愛称表示器を曇らせながら、雪を付けながら駆け抜けていく姿は大糸線で撮影していた頃を思い出し、なんだか懐かしい気持ちになりました。雪の中では暖色の武田菱の柄がよく目立ちます。白一面の中に入る暖色は目を引くので、私にとって雪が降ったら撮りたい形式の1つです。

JR型なんて…という話をよく聞く中、E351系引退と聞くと撮りに行こうとする人達が現れる昨今。このE257系もそういう話があがったら人が群がるのでしょうか。人がいるとゆっくりじっくり撮影は難しいかと思います。普段の何気ない姿を記録しておきたいものです。

 

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ