Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

E351系の時代

甚六桜と桃の花咲く勝沼を駆けていくE351系

5006M

撮影地:JR中央本線/塩山〜勝沼ぶどう郷

 ついに本日ラストランを迎えたE351系。私は定期運行を終えた時点でお別れを告げたつもりなので撮影には行きませんが、もうこの車両を沿線で見ることが出来ないのかと思うと感慨深いものがあります。

この写真はこの時と同じ5年前のカット。この時は写真の通り甚六桜と沿線の桃が咲き誇り、春の甲州!といった感じでした。ただ甚六桜の樹勢がよくなく、花の付きが弱いのが残念でした。ただ今年は盛り返しているようでこのように見事な咲きっぷりでしたが、そこにE351系の姿はありません。引退前は細々とした運用だった訳でなく、エース格で活躍していただけにぽっかり穴が空いた感じはどうにも否めません。

ここで出していないE351系の写真はまだ複数あったりします。今後「E351系の時代」というタイトルで出していこうと思っています。

ひとつの時代が終わって新しい時代がスタートしています。"今"をしっかり記録していかなければと改めて感じました。E257系も今はありふれていますが、いつE353系に取って代わられるか分かりません。その時焦ることのないようにいつでも撮れると思わず真剣に向き合っていこうと思います。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ