Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

LSE引退によせて

いよいよこの名車にも引退の時がやってきました。

桜とLSE

撮影地:箱根登山鉄道/入生田〜箱根湯本

かつては沿線に住んでいた為、ロマンスカーはよく乗ったり撮ったりしていました。 しかし小海線中央本線を撮るようになってからは足が遠のいていってしまい、その後引っ越したのもあって最後に沿線でLSEを撮影したのはこの4年前のカットでした。

当時は引退するという話は出ておらず、他のロマンスカーと同様に"普通"に走っていました。私は通勤の際によく乗る事が多かったのですが、LSEはゴミ箱が少ない事を理由に避けていました。最近の車両では各号車のデッキに当たり前のようにあるゴミ箱ですが、このLSEは車販設備のある号車か洗面台のあるところにしかゴミ箱がありません。なので飲み物や軽食を買って乗り込んでもなかなか捨てるのに苦労するのです。

被写体としてはこの復活旧塗装は写真映えして好きでしたが、当時この塗装に戻ってから少し時間が経っていました。そしてようやくMSEが数がまとまってきた頃という事もあってあまり狙って撮ってる感はありませんでした。それだけ当時はありふれていたんだと思います。

複々線化に下北沢の地下かもあり、保安装置も切り替わるという中、先頭車の座席1列潰してまで(おそらく関連機器を積んだのだと思われる)走っていたLSE。当時いつまで使うのだろうと思っていましたが、いよいよ引退となりました。

足も遠のき撮りに行こうという気持ちもありませんが、かつてお世話になった事もあって今回引退の日に合わせて記事にしてみました。

LSE、長い間お疲れ様でした。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ