Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

上下別線区間で俯瞰する

撮影行の最後にここに行ってみました。

14M

撮影地:JR中央本線/四方津〜上野原

 前回の箇所、あずさ12号の後もしばらく構えていたのですが、初めての場所で要領掴めてないのか日々の仕事疲れがたたったのか、集中力が続かずせっかくの80レや5008Mを撮り逃すという失態を犯していました。あーなんだかなぁ・・と後味悪い撮影になっていたので最後に少し気になった場所を確認しておこうと向かってみました。その場所は急坂の上にあり、原付が下手するとエンストしそうな場所でしたがなんとか到達。そして望んでみるとよくネットで見る撮影地であることが判明。家路へと向かわなければならない時間でしたが、ここで少しだけ撮ることにしました。

普段10分待つことなんて訳ないしあっという間ですが、時間が押してて焦っているなかの10分は異様に長く感じました。そして前回の箇所の時もそうですが、普段撮影している高尾ではなく山梨県内ということもあり、列車順序がつかめませんでした。それ故前回の場所では集中力が続かなかったのも含めて失態を犯してしまった訳ですが、場所変えてシメの撮影にしようとしているところで失敗をするわけにはいきません。それ故その日一番集中して構えているとやって来たのは中央本線最速列車のスーパーあずさ14号!これも普通列車が先なのか14Mが先なのか分からず頭の中に疑問符がいっぱいだったのですが、時刻表を改めて確認すると四方津で542Mが14Mに抜かれる事が判明。それに気づいたのがこの撮影の1分前。ギリギリのところで無事撮影する事が出来ました。

摺指の俯瞰ポイントも山の雰囲気ありますが、この場所は上下別線となる場所なのでここもまた中央本線らしいポイントだなと感じました。またここで撮りたいです。次はここで紅葉を狙えたらと思います。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ