Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

晩秋の裏高尾

色づく高尾の山々を背に朝日を浴びて駆け抜けるあずさ2号

5052M

 

撮影地:JR中央本線/相模湖〜高尾

  E257系ラストシーズンとあってこの裏高尾での秋の姿は写しておかなければ!と思い、いつも寝坊ばかりなのですが、なんとか起きて目指しました。

それでも出発が遅く、着いたのは通過10分前くらい。ここでの立ち位置は大体決まっているので、急いで三脚を立てカメラをセット。露出を出してなんとかセッティング完了!とそのタイミングで踏切が鳴りこの"あずさ2号"が通過して行きました。

いつもここにはこの1時間半くらい後になるスーパーあずさ6号から撮影しているので、後半かいじ106号あたりから光線が怪しくなります。しかし今回は朝早い為光線もバッチリ!久しぶりに早起きは三文の徳、を感じた気がします。

E257系ラストシーズンに紅葉の具合は少し残念ですが、イメージ通りの裏高尾でのワンシーンが撮れてよかったです。そしてこの後あずさ8号でも構えてみたのですが、日が陰って良い状態ではなかったので、このあずさ2号に間に合って本当によかった。休みの日ぐらいゆっくり寝たいと思う事もありますが、撮影の時は早起きしないとダメですね。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ