Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

ローカル線の駅景(その2)

ホーロー看板に風情を感じたので車両と共に撮ってみました。

1111デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣駅

 この列車を撮影した後、御嶽駅で交換して奥多摩へ向かう列車を駅で待ってみました。鳩ノ巣駅は下りホーム側に改札があり、上りホームへ向かうにも下りホームに一度出る事になるわけですが、その下りホームには今時珍しいホーローで出来た方面案内がありました。青梅方面の列車が過ぎ去った後、どうにかこのホーロー看板を生かして写真が撮れないかと思い、考えた結果過ぎ去っていく列車を狙ってみる事にしました。

過ぎ去る列車と絡めるとなるとポジションに制約があり、ホームの端から狙わないとうまく収まりません。しかしそこに三脚を立てることは危険なので不可能。となると過ぎ去ったタイミングでサッと構えて撮るしかありません。手持ちでサクッと撮るのが苦手な私。構図だけ作ってひたすら待つという事は出来ず通り過ぎて構えるというのをイメトレする事にしました。

列車が来る前に端に立って構える、引くを何度か繰り返し大体のイメージを掴みいよいよかなという頃に列車がやって来ました。奥多摩行き1111電車、降り立ったお客さんは1人だけ。乗る人はおらず静かにホームを離れていきました。自分の立っている位置を通り過ぎたところでサッと構え一気にレリーズ。不慣れな手持ち撮影、手ぶれ補正もないレンズ故か構図は上下左右に微妙に一コマずつずれていましたがほぼイメージ通りに撮る事が出来ました。手ブレが怖くてシャッター速度を1/250としたためかLED表示が飛び気味になってしまったのが悔しいところですが、満足いく結果でよかったです。

駅撮りってほとんどしないのですが、こういう駅撮りは好きです。そして鳩ノ巣駅、なかなか味があっていいですね。またここで撮影したいものです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ