Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

晩秋の奥多摩(その7)

いつもと違う角度から俯瞰してみました。

1302デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣駅

 今までは車両の前面がスッキリ見えるように構図をとっていましたが、いよいよそれが厳しくなってきました。望遠で抜けば撮れそうですが、俯瞰したのにただ車両を写しただけになってしまい、かなりつまらない写真になってしまいます。

この角度からの構図は考えた事はありますが、前面に思いっきり架線柱からのビームがかかってしまい、これがイヤで避けていました。

しかし、山を見れば渓谷側には紅葉が。日は傾きはじめ、影が目立つものの紅葉が逆光で美しい。これを写さないのはもったいない!と思い今回は迷わずこの構図で撮影する事にしました。

いざ撮ろうと思うと構図作りが難しい。どこまでいれるか悩みに悩み、ようやく決めた頃にはもう青梅行きがホームに滑り込んできていました。焦りながらでしたが、撮りたい位置ではなんとか撮れて事なきを得ました。助かった…!

ビームは思いっきりかかってますが、これだけ引きだとそれもそこまで気になりませんね。それよりもこの景色がなんとも言えません。素晴らしい!

これからの鳩ノ巣俯瞰はここから撮っていこうと思います。もちろん、今までの構図も撮れそうなら撮っていきます。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ