Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

鳩ノ巣駅景

上り青梅行きの到着シーンをホームで撮影しました。

804デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣駅

 下り電車を撮影したあと、上り青梅行きを駅近くの鳩ノ巣東踏切で撮影しようと移動したらなにやら真新しい棒が立っていました。そして踏切には遮断機が。

ここ鳩ノ巣東踏切は第4種踏切で、遮断機がありませんでした。正直通るのは地元の人だけだと思われるので、遮断機がなくても…と思うのですが、今時遮断機のない踏切の方が少ないのと、やはり危険だからでしょうかここにも遮断機が設置されるようです。これで跨線橋で構図を作る時に感じた違和感に気づいたのと同時に、この場所から撮影出来なくなった事にショックを感じました。もっと撮っておけば…。後悔先に立たずですが、悔しい気持ちになりました。

気を取り直し、じゃあどう撮ろうかと考えた末、ホームで入ってくる電車を撮る事にしました。しかし、立ち位置がはっきり言ってない。いい位置にはでっかい架線柱が立ちはだかり、奥行きが全く出ない。そして人も入らない…。

そこで私は架線柱とほぼ一体になって撮ることにしました。これでもなかなか構図作りは難しく、直前まで悩みましたが、偶然にも構図の中に電車を待つお客さんが入ってくれたのですごく助かりました。

駅での撮影はこうして"電車と人"を写すことで、旅やお出かけといったその先を思い描けそうなシチュエーションを表せるところに魅力を感じます。もちろんプライバシーには配慮しなければなりませんが。

今回なかなかうまく撮れたのでお気に入りの1枚になりました。結構難しい画なので、本数少ない青梅線でこれに挑むのは賭けに近いところがありますが、またこういうシーンには出会いたいものです。

 

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ