Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

鳩ノ巣街並俯瞰(その2)

向きを気にしてこれを撮るのにもう1本待ちました。

1102デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣~古里

 この場所では鳩ノ巣駅へ進入するシーンと出発するシーン、両方撮れるので両方狙うのですが、先の進入してくる方で構図を固めているせいか出発シーンの構図が微妙になってしまいがち。今まではズームレンズだったのでズーミングで誤魔化していたのですが、今回は180mmの単焦点を使用していたのでそうもいかず、なんともちぐはぐな結果になってしまいました。他にも撮りたい画があったので、スパッと諦め移動してもよかったのですが、この場所は足場が悪く、簡単に行ける場所ではないので、この画の為にもう1本待つことにしました。

実は下り向きでお茶を濁そうとも思ってました。しかし駅に入るわけですから車掌さんが前方監視しているわけで、どうみても下り向きになります。それでは出発シーンとはとても言えない…というわけで上り青梅行きまで待ちました。

今回は進入よりも出発が大事…とはいえ最初はやはり進入シーンなわけで、もう1本待つとなればこっちも撮っておきたいところ。そこで進入を撮影した後のパンの動きを何度もシミュレーションし、万全の体制で迎えました。

結果、進入も出発も納得いく画が撮れて大満足!待った甲斐がありました。

先日の降雪のときにここで撮れたらよかったかも…なんて思ったりもしますが、抜けが悪ければ撮れないですし、今更考えても仕方がないですね。

しかし、奥多摩に限らず今年の雪の少なさは異常です。もう少し降ってもいいと思うんですけどね…。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ