Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

緑の中を行く

鳩ノ巣・白丸エリアへ向かう途中、以前から気になっていた場所に寄ってみました。

1003デ

撮影地:JR青梅線/御嶽〜川井

 奥多摩方面へ向かう道すがら、神塚神社という小さな神社があります。前々から気になっていたので、GoogleMapで調べてみました。すると社のすぐ後ろは線路なのが分かりました。その様子を見て、ここなら撮れるんじゃないか?と思い行ってみることにしました。

案内板も小さく、道路より高い場所にあるこの神社。注意して見ていないと確実に見落としてしまいそうなくらいな場所なので、あまり訪れる人はいない様子。それを証明するかのように社へ向かう階段にはいくつものクモの巣がありました。それをかき分け進み、社に到着すると同時にそこはもう線路脇でした。

早速どんな構図が作れるか確認する為ロケハン開始。望遠で上り電車をストレートで狙えるかと思うも上手くいかず、標準で下りはどうかと一旦カメラを置き、反対側へと進もうとした矢先、苔でヌメヌメした石に足を取られ転んでしまいました。右肘を強打し、誰もいない線路脇で1人悶絶。久しぶりに撮影で怪我をしてしまいました。

それでもここまで来て、撮らずに帰るわけにはいきません。痛みを堪えつつ、構図を決め三脚をセット。1本目はシャッター速度が足りず失敗。次の上り電車で構図の最終チェックをし、2本目の下り電車でなんとか決めました。

痛い思いをしながらの撮影。2本練習した上での撮影でしたので、結果には満足しています。後方の柵さえなければ完璧ですが、それはないものねだりなので仕方がありません。それでも緑が生茂る中を進む姿を捉えられてよかったです。

通勤型のE233系の中ではこんな自然の中を走るのはココぐらいではないでしょうか。風景とミスマッチなE233系ですが、このミスマッチが私は好きです。

こういうギャップがある画をもっと撮ってみたいものです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ