Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

長梅雨とアドベンチャーライン(その6)

霧が立ち込めた数馬峡をラッピング編成が通過していきました。

1003デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣〜白丸

 鳩ノ巣・白丸エリアで景勝地として名高い数馬峡。雨が降っていようと観光客はそれなり来ていました。そして雨が降っているとなると期待してしまうのが川霧です。この日はこのように昼近くでもかなり霧が立ち込めていました。

この青463編成が通過する前多くのカヤックがいましたが、通過前に撤収してしまい人気のない雰囲気での撮影になりました。

しかし、この幻想的な風景では人がいない方がその世界観が保てるかもしれません。そういう意味ではこれでよかったんだと思います。

この川霧に出会う前はこの撮影地には飽きていて足を運ぶ事が少なかったと思います。その後川霧に出会い、台風の被害を受けて立木が流れ、岩肌が露わになった姿などを見て、訪れる度に違った表情を見せてくれることに気づき、以来ここにまた通うようになりました。

次はどんな景色が観れるだろうか。そんなことを思いながら向かうのも撮影の楽しみの一つですね。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ