Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

緑とトンネル

トンネル飛び出しが撮れるこの場所で、いつもと違うアプローチをしてみました。

903デ

撮影地:JR青梅線/川井〜古里

上り電車を撮影したら次は下り電車。いつもはトンネル飛び出しをアップで捉えていましたが、先日の家族旅行で山鳩山荘に泊まった際にオーナーの方にある本を見せてもらいました。それは守尾誠さんの写真集、「青梅線EF64

この中にこの場所で撮影された写真がありましたが、アップの写真はなく周りの様子も一緒に撮られていました。それを見てもっと視野を広く持たないといけないなと感じました。

そこでいつもと違う撮り方をしようと思い、テレコンバーターを装着せず構図を考えることにしました。そしてたどり着いた構図がこちら。ここはトンネル抜けてから大きくカーブする区間であるせいか架線柱が細かく立っています。広く構図をとろうとすると手前側にある架線柱がコンクリートの電信柱に見えてしまい、かなり煩くなってしまいました。細かくこちらも立ち位置を変えたり画角を調整してようやくたどりつく事が出来ました。

個人的にこの写真かなり気に入っていて、今回の撮影でこれが撮れたことは大きな収穫だったと感じています。

いつもの場所でいつもと違うアプローチをする。ここだけなく違う場所でも実践していこうと思います。 

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ