Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

Nikon Z7Ⅱで東急線を撮ってみた(その2)

2倍のテレコンを使ってこの画質には驚きました!

028-131

撮影地:東急池上線/御嶽山〜久が原

いつもの一眼レフと勝手が違うZ7Ⅱに悪戦苦闘しつつも池上線の撮影ポイントを転々とし、このポイントにもやってきました。ここでは長玉が必要なのでお借りしていたZ TELECONVERTER TC-2.0をNIKKOR Z 70-200mm F/2.8Sに装着。400mmで挑んでみました。

いつもの通りLED表示を飛ばさないように低速シャッターを選んで切っていましたが、どうもイマイチ…。なんとなく緻密さがないというかなんというか…。何本か通過していく間にブレ要素をなくす事を色々試しましたがどうにも改善されない…。

悶々としていると本命の赤帯1000系登場!これだけは絶対に抑えなければ!と思いなりふり構っていられないのでシャッタースピードを1/500まであげて挑みました。

当然のことながら運用番号は切れてしまいましたが、ビシッ!っと決まりました。

これで分かりました。高画素故に低速だと被写体ブレを起こすようなのです。普段のDfやD3なら気にならないところ、Z7Ⅱではその細かいところも写してしまうという訳です。

これは考えものだな…と思いました。自分には4500万画素は必要ないようです。ミラーレスにせよ一眼レフにせよ買い換えるとなれば2000万画素級を選ぶのが自分にはよさそうです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ