Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

午後からの鉄道旅(夏の奥多摩編/その4)

奥多摩から折り返してきたP521編成を、駅で待つお客さんとともに写してみました。

1502

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣駅

跨線橋からP521編成による下り奥多摩行き、上りホリデー快速おくたま2号を撮影した後、この日の最後にとこの上り青梅行きの撮影に臨みました。

16時くらいになると渓谷から上がってきて、帰路に着くお客さんで賑わう鳩ノ巣駅。ちょうどシーズンなのもあって、ホームには色んなお客さんが青梅行きを待っていました。

なんの変哲もない“駅での写真“なんですが、跨線橋の階段を降りて青梅側に向かう途中にホームにはぶっとい架線柱が黄色い線ギリギリに立っていて実はなかなかに撮るのが難しいのです。そしてそんな構造なのでホームの端から望遠で…って撮ろうとすると思いっきり架線柱に遮られてしまいます。

そこで架線柱からひょっこり顔を出す様なイメージで構えて撮影しています。

列車の位置がもう少し低い方が見栄えがいい気がしますが、お客さんの足を切りたくない…という思いの方が先行してこういう構図になりました。

毎列車ごとに混み合うことはない鳩ノ巣駅にあって、これだけ人が集まるこの時間は実は狙い目!と思っています。

駅ならではの写真が撮れて満足な撮影になりました。またこういうシーンに出逢いたいものです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ