Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

小海線撮影記(その10)

雪晴れの甲斐駒ケ岳をバックに走るキハ110を捉えました。

225D

撮影地:JR小海線/小淵沢甲斐小泉

小海線の撮影地としてあまりにも有名な小淵沢大カーブ。この場所は何回撮っても飽き足らず、行く度に違う表情を見せてくれる。そんな撮影地だと思っています。

通い始めた頃は大カーブの弧を描く感じで…と撮っていましたが、そのうちにこういう登り始め、飛出し付近を狙うようになりました。

大カーブの内側は午前が順光。非電化故おまり本数が多くはない小海線なので、必然と225D列車が撮影対象になっていました。この日は写真のとおり雪晴れ!めったに無い雲ひとつ無い青空の下225D列車を撮影することが出来ました。小海線小淵沢側で雪景色を撮ることが出来るのもそうないのにこんなシチュエーションで撮れた事はまさに奇跡と言ってもいいかもしれません。通ってよかった…そう思える撮影でした。

当時はHIGH RAIL 1375なんてない時代。いつもと変わらない車両が毎日走るだけの小海線。撮影者などほぼ私1人しかいませんでしたが今はどうでしょうか。通うのは難しいですがまたなにかの機会があれば撮影を楽しみたいものです。撮影でなくともここの空気を感じたいものです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ