Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

晩秋の奥多摩(その4)

視点を下げて撮ってみました。

1102デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣〜白丸

 引き続き数馬峡での撮影。2カット線路から上で構図を作ったので、今度は線路から下で構図を作ることにしました。

この日は単に数馬峡の紅葉を撮りに、見に来られた方々で橋の上は観光客に撮影者で賑わっていました。そして私も含め皆柵の上から撮影をしていました。その姿を見ていて、視点を変えないと同じ写真になってしまうのでは…といつもの悪い癖が発動。思い切ってしゃがんで欄干の下から、柵の間から望んでみたらなかなかいい!そこで急いで構図を作り奥多摩から折り返してくる列車で仕留めようと構えました。

台風19号以来、久しぶりに湖面を入れての撮影になりました。ご覧のように水はまだ濁っていて、以前のような美しい姿とは程遠いものがあります。しかし、落ち着きを取り戻し、カヌーを楽しむ方がいらっしゃると、平穏を取り戻したのだなと安心もしました。そんな数馬峡を青梅行きと僅かに残ると紅葉を撮影しました。

他の撮影者がいなかったらこの構図には気づけませんでした。何度も通っているにもかかわらず…。

まだまだ数馬峡には発見がありそうです。少し飽きてきていましたが、また面白くなりそうです。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ