Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

色づく奥多摩(その4)

この時期は山側も見応えありなのです!

1102

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣~白丸

前回書いた通り、今回は数馬峡でこの時期ならではなカットその2をご紹介。

↓前回の記事はこちら!↓

momoringo58.hatenablog.com

今回は定番の湖面を写した構図ではなく、山側を写したものになります。

山側には写真右上にある岩肌が露出した箇所があって趣があるのですが、緑が生い茂っているときはなんとなくですが、埋もれてしまっている気がして目がいかないのです。ただこの紅葉の時期になると、葉が色づいて空気も乾燥し空のヌケがよくなるので、なかなか見ごたえのある景色となってくれます。

湖面を見ながらのアドベンチャーラインもいいのですが、こうした山間を行くアドベンチャーラインというのもまたイイ感じ。そう思いこの時期は前回分とあわせてこの2つの構図を撮って初めて数馬峡の秋を写した!という気持ちになります。

定番から外れて違う表現に挑むというのも写真の楽しみの一つ。今年は色づきもよかったので、数馬峡での撮影を存分に楽しむことが出来ました。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ