Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

奥多摩の夏(その2)

アドベンチャーラインに久しぶりに臨時列車が走りました!

9005デ

撮影地:JR青梅線/川井〜古里

 コロナ禍で設定されていた臨時列車は軒並み運休。緊急事態宣言解除後も休日でも定期列車のみの運行が続いていました。

夏は奥多摩が一番賑わう季節。例年より人出が少ない見込みであっても幾分混み合う事が予想されました。当然JRの方々もそれを見込んでいたのでしょう。このお盆時期の平日ダイヤ4日間に限られていましたが、久しぶりにアドベンチャーラインに臨時列車が設定されました。

これまでのような快速列車ではありませんでしたが、久しぶりに目に飛び込む列車番号9000番台。しかも青梅駅の方々が企画されたとのことでこれはなんとか記録しなければ!と思っていました。この日の撮影のメインターゲットはこの臨時列車でした。

当初、臨時列車下り1本目は白丸で狙おうかと思ってましたが、ダイヤをよく見ると鳩ノ巣で定期列車と交換するダイヤになっていました。そうかと思うと奥多摩からの折り返しが異様に早いこの臨時列車の交換を撮影するなら白丸までいくより手前で撮っておくほうがいいんじゃないかとこの時思いました。そこで、久しぶりに古里のトンネル飛び出しのポイントへ行ってみることにしました。

久しぶりだっただけに立ち位置に構図作りにと非常に悩みました。しかし色々試しているうちにここだったんじゃないか?と思えるポジションを確保。辛くもトンネルを勢いよく飛び出してくる臨時9005デ列車を捉える事が出来ました。

輸送力増強とソーシャルディスタンスの確保が目的だったであろうこの臨時列車。コロナ禍にあっての新しいかたちの臨時列車となったでしょう。利用者側が安心して乗れるというのはすごく心強いことだと思います。こういう臨時列車の運行はとても素晴らしいなと感じました。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ