Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

夕刻ラッシュの209系1000番台

夕刻ラッシュで混み合う東京駅に滑り込む209系1000番台を捉えました。

1899T

撮影地:JR中央本線/東京駅

 今ダイヤになり運用時間が大きく伸びた209系1000番台。あの狭い車内でラッシュに運用されると快適ではありませんが、趣味的には面白いので仕事帰りに狙って乗る事があります。

乗車回数が増えていくうちに、撮りたいなぁと思うようにもなり、今回座れなくてもいい!と割り切り、東京駅に入線してくる姿を撮影しました。

この前までずっと車両の上に前照灯がつき、行先表示もフルカラーLEDだったのに、209系だと車両の下にシールドビームの前照灯。そして3色LEDと一気に時代が遡ります。

一般的には古いし車両もこ汚いしであまりいいイメージはないかもしれませんが、なんとなく懐かしい感じがしてなりません。私が209系を追いかけるのはそういうイメージを持つからかもしれません。

E233系のフルカラーLEDと違って3色LEDは高速シャッターを切っても途切れにくいので、ピン甘や手ブレの失敗を抑えるために1/125のシャッタースピードで撮影しました。この夕刻の時間帯、これ以上シャッタースピードを稼ぐことも出来ますが、テレコン仕様であるが故に開放側はあまり画質が期待出来ないので画質と露出を両立させた結果この設定になりました。

この後各所で爆音をたてて209系は疾走していくわけですが、なるべく長いこと走ってもらいたいものです。

仕事帰りにいいもの見れたし撮れました。ちなみにギリギリ座っても帰れたので撮れた写真を見ながら満足しながら帰路につきました。

こんな帰り道、悪くないですよね。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ