Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

直通急行が行く

大井町線からの直通急行もすっかり馴染んだ気がします。

131-111

撮影地:東急田園都市線/江田〜市が尾

私が田園都市線に撮影の為に通い始めたのはココ最近ですが、この大井町線から直通してくる急行電車はずいぶん見慣れた気がします。田園都市線といえば10両編成の電車が闊歩し、青葉台・たまプラーザ・鷺沼と進んでくればもうどの列車も車内は混雑し、大量輸送の申し子のような印象でした。

しかし昨今はコロナの影響もあるのでしょうが、比較的空いていて着席機会も多いような気がしています。

そんな状況も相まってか、田園都市線内では“短い“7両編成ですが、沿線では受け入れられているように見えます。またこの大井町線直通の電車はお出かけにも便利で、人気の町自由が丘や大井町に抜けられるので、個人的にも重宝しています。

そんな大井町線の急行電車が江田を通過し、青葉台へ向かっていく姿を捉えました。ここは横から撮るのがセオリーっぽいのですが、訪問時この写真でも見ての通り右から陽が当たっていて、サイドは逆光。また江田から市が尾にかけてのアップダウンが面白く見えたので、この位置で撮影しました。

田園都市線所属の10両編成の方が画になる気がしますが、地下鉄直通電車特有のカーボン汚れが目立ってしまい、せっかく美しい2020系が来てもなんかイメージと違っていまい、結局この6000系がここでは一番“映える“結果になりました。

またこの線路の右は国道246号線で左は生活道路。奥には東名高速にマンション群といかにも田園都市線らしい風景が広がっています。前日降った雪はここでは少ししか残っていませんでしたが、多摩田園都市の冬のカットとなったと思います。

ホントは8500系が撮れたらよかったんですが…。またチャレンジしようと思います。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ