Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

長梅雨とアドベンチャーライン(その4)

霧が時折流れる鳩ノ巣を行く青463編成をいつもの跨線橋から。

803デ

撮影地:JR青梅線/鳩ノ巣駅

 御嶽での撮影を終えて、最後のホリデー快速おくたま5号を撮影するために鳩ノ巣へ移動しました。そしてこの日は青463編成が動いているのを御嶽で確認。順当にいけばホリデー快速の前に普通列車として来るはずと見込み、ここでの撮影に決め込みました。

何度も撮影しているのに、毎回立ち位置に悩むこのポイント。今回も少し迷いましたが、いい加減分かってきたのかすんなり構える事ができました。そして露出を出していざ列車が来るのを待ちます。

その間、谷から霧が発生して何度も構図の中を霧が駆け抜けていきます。待っている間、いい具合に構図の中に霧が立ち込めるシーンがあったのですが、通過時はそうはいかず、この結果になりました。

霧は自然現象なので、こればっかりはこちらの都合よくとはいきません。でもこの感じ、嫌いじゃないです。

晴れでは出会えないこの景色。晴れは恋しいですが、この景色を見たければ雨や曇りの日でないといけません。

山の景色はどれもキレイ!どれもこれもと思うならやはり通うしかないですね。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ