Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

ターミナル駅の風景

いまや貴重な存在となったターミナル駅の様子を撮影しました。

_D3L9306

撮影地:東急池上線/蒲田駅

 いまや他社線乗り入れが当たり前となった私鉄路線。一大ターミナルだった東横線の渋谷駅が地下に潜ってもう数年になりますが、ここ蒲田駅は今も健在。同じ東急の多摩川線と共用しているだけで、他社線乗り入れはなし。いまやこういう路線は東京では貴重な存在ではないでしょうか。

その暗さとドーム型の屋根形状からどことなくヨーロッパな雰囲気。しかしそこにやってくるのは3両編成の短い電車。それでも6分ヘッドで運転しているだけに発車間際や到着直後はなんだか慌ただしい雰囲気。そして降車のお客さんでごった返すという“ターミナル駅”の要素を存分に楽しむことが出来ます。

そんなターミナル駅の姿を是非とも撮影したいと思い、広角のAiAF Zoom-Nikkor 20-35mm F/2.8Dを提げて撮影してきました。

古いレンズではありますが、周辺までカッチリと写ってくれるので撮影が本当に楽しい!そしてD3のしっかりとしたグリップと重量のおかげか手振れ補正なしでも1/25という遅いシャッタースピードでもブレずに撮影することが出来ました。

池上線、短い路線ながら鉄道の面白さがいっぱい詰まった路線。次はどこで撮ろうかと予定が決まってなくてもなんだかワクワクします。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ