Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

池上線で見つけた“秋”

季節を感じる画が撮れて感動しました!

_D3L8097

撮影地:東急池上線/長原〜旗の台

 撮影地を全くといっていいほど知らない池上線。娘を連れてロケハンするわけにもいかないので、1人で駆け足な感じになりながらもロケハンして沿線を回ってみました。

今回このロケハンに大きく役立ったのが東急線ワンデーパスでした。

www.tokyu.co.jp

東急線全線乗り降り自由になるこのきっぷを使って、時間の許す限りロケハンして廻りました。

過去に沿線撮りは石川台で撮影したのみ。どうにか駅間での撮影地を探そうと行ったり来たりを繰り返し、旗の台と長原の間に見えた歩道橋から撮れないかと旗の台で下車。現地に向かってみましたが、架線柱のビームがいい場所にあってスッキリ撮影出来ず断念。悔しい思いを引きずって旗の台駅へ引き返すことにしました。

それでもなんとか撮れないかと思いながら歩いていて、駅近くの踏切まで来た時、長原方面へ振り向くと、少し角度がキツそうながらも撮れそうな場所を発見。ここで少し撮ってみることにしました。

幸いにも列車本数は多いので来た列車を撮りつつ構図の修正もしました。下り方の障害検知センサーの背が高く、処理に難儀しながらなんとかこの構図に到達。その頃にはお目当ての未更新の1000系がやって来るタイミングになっていました。そしてここでの自分の中の最適解となる構図で無事1000系を捉えることが出来ました。

まさかこんな23区内で柿の木、しかも実った状態で列車と絡めて撮影出来ると思っておらず、思いがけず季節感のある鉄道風景写真が撮れたことに大満足!この日1番のカットが撮れました。

また来年柿の実がなる時に、今度は晴天の下で撮れたらいいなと思います。その頃まで1000系は未更新で残っているでしょうか。動向にも注目していきたいと思います。

 

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ