Digital Geographic

趣味の鉄道写真とコザクラインコの成長記録を撮ってます

今話題の東急3000系を撮る!

新線開業に向けての改造等、今話題の3000系を撮りに行ってみました。

212-151

撮影地:東急目黒線/奥沢〜田園調布

大井町線の撮影がひと段落したところで前々から気になっていた目黒線…いや東急3000系を狙いに目黒線へと向かいました。幸い大井町線からは大岡山での乗り換えで向かえるので、行く事自体は難しくありませんでした。

この東急3000系、デビューは私が高校3年の頃だったかと思います。当時の東急といえば、切妻の車体に赤帯が基本。そこにスカートがついて丸みを帯びた前面、行き先表示がLEDで日本語と英語の交互表示というのは、当時は非常にセンセーショナルでした。そして当時は新型車両はフラグシップ路線である東横線に配置され、急行専用として運行。当時の私にとっては憧れの存在でした。

その後何度か東横線を使う機会があり、当然併走区間なども利用することがありましたが、3000系の姿を見る事はなく、幻の存在かのようにも思えました。

この撮影の時も3000系が必ずやってくるという確証はなく、撮れたらいいな…くらいで撮影に臨んでいました。撮影しながら運用を調べると、どうやら東急車の運用と他社線の車両の運用はどっちかに偏っている傾向があるようで、撮影時はたまたま東急車ばかりやってくる時間帯でした。初めての場所なので、列車毎に立ち位置を変え構図を変え撮影し、うまく決まったかな?と思える画がこのカットでした。目黒線東横線との併走区間ではイマドキの路線風ですが、ここ奥沢では目蒲線時代を彷彿させるかのような街中を走るイメージ。この風景にはやっぱり7700系等がピッタリでしょうが、こうして3000系のような今時の車両が走るのも悪くありませんね。

奥沢駅は来たる相鉄線への直通運転に向けて改良工事中。地下には潜らず地上ホームは維持されるそう。ひとまずこの風景は維持されそうなので、また撮りに行きたいと思います。

鉄道コム ブログランキング・にほんブログ村へ